おいしい食事で未来を守ろう。ヴィーガン、ベジタリアンという環境にも動物にも健康にもやさしい、未来を守るためのレシピと、食材をHachidory(ハチドリィ)から提案します。

代替肉、オムニポーク

2021/01/04

オムニ・ポークという代替肉をお団子にして
お雑煮に入れてみました。

「言われなければ普通に肉」
というのが家族全員の一致した意見です!

鶏肉と豚肉の中間ぐらいの食感で、
それ自体には味がないから、
どんな味付けにも合います。


鍋物・汁ものなら、みじん切りのネギ、おろし生姜、酒、みりん、サラダ油、醤油で下味付け。静かに煮るだけならつなぎ粉無しで崩れません。


そうです。このオムニ・ポークが画期的なのは、つなぎがいらないこと。つまり卵がいらないので、これが業務用として出回れば、つなぎとしての卵は世界的に不要になりますね㊗️🐔


オムニ・ポークは醤油と相性がよく、和食に使うのはおすすめですが、基本の味付けからネギを玉ねぎにして、おろしニンニクを加えると洋風、中華風に。ハンバーグやメンチカツのときは、少し小麦粉を入れると壊れにくくなります。
この商品は1キロ単位の販売で、再冷凍不可、解凍後は2日で食べきるという説明なので、少人数のお家は購入を悩むかもしれません。


ウチも1キロを2日では食べきれないので、自己流ですが、解凍し切らない状態で小分けにして保存しています。
室温にもよりますが、凍ったオムニ・ポークを20~30分ぐらい自然解凍するとなんとか包丁で切れるから、4つに切り分け再冷凍します。それだと食感はほぼ変わりません。逆に解凍し切るとこの商品の特徴のジューシーな水分が出てしまい、再冷凍は難しくなるようです。


#北穂さんちのヴィーガンごはん



情報提供:食いしん坊スタッフ北穂さゆり
 


このリンクから飛んで楽天市場でお買い物をすると、ご購入金額の一部が動物保護のための活動に使われます。


このリンクから飛んで楽天市場でお買い物をすると、ご購入金額の一部が動物保護のための活動に使われます。

VegSpaceサイトのページの最上部へ戻る