• トップ
  • イベント
  • 「THE LAST PIG」 上映会 ~アニマルコミュニケーションスピーチ~

未来にやさしい生活をするため、いろいろな知識をつけ、いろいろな場所にでかけ、人と出会い、体験しよう。エシカルでアニマルフレンドリーなイベントをご紹介します。

「THE LAST PIG」 上映会 ~アニマルコミュニケーションスピーチ~

2018/10/04

969_ext_01_0_L.jpg


12月2日(日)に、Rainbow Animalsさん主催の「THE LAST PIG」上映会&講演会が開かれます。アニマルライツセンター代表理事の岡田千尋もスピーチをさせていただきます。
経費を除く収益は動物たちを救う活動のため、アニマルライツセンターに寄付してくださいます。ぜひ奮ってご参加ください!

お申込みは専用フォーム http://thelastpigjapan.cart.fc2.com/よりお願いいたします。

------詳細--------------------------------------------

日時:2018年12月2日(日)
場所:東京池袋 金剛院(椎名町駅より徒歩0分)

スケジュール:
映画は二回上映されます。ご都合の良い時間をお選びください。映画とスピーチ合わせて2時間となります。

会場 12:30
【一部】 13:00~15:00
入れ替えの時間 15:00~15:30 
【二部】 15:30~17:30
【ヴィーガンカレー会🍛 要予約】 17:45~

金額:1800円
小中高校生:1000円 
今回の上映会は経費を除く収入を全てアニマルライツセンターに寄付されます。
ヴィーガンカレー会:1100円
※お飲み物は別途ご注文いただけます。上映会のみの参加ももちろんOKです。
 

映画「THE LAST PIG」ストーリー

感受性を持つ存在でありながら殺める力を持ちあわす――人間として生きるとはどういうことなのか。
The Last Pigは、豚を屠殺し続ける年月に終止符を打とうとする一人の農夫の生きざまを追い、美しい自然とともに叙情的に語りかけ、観る者をとらえ、熟考へといざなう。
内からにじみ出る思いを静かに語りながら、農夫は「死を扱う商売」に従事することについて、深まる葛藤をうちあける。ストーリーが展開するにつれ、農夫の葛藤は私たちの葛藤となる。The Last Pigは、ひとりの人間が屠殺場の領域を超えた道筋を見出す重要な一年をとらえた、詩的なスナップショットである。

スピーチ

Rainbow Animals 楠本倫子さん、認定NPO法人アニマルライツセンター代表理事 岡田千尋のスピーチがあります。(各20分)

Rainbow Animals 楠本倫子さん:アニマルコミュニケーションを通じて畜産動物を知る
12年以上、アニマルコミュニケーターとして犬や猫を始め野生動物、畜産動物に至るまで、いろいろな動物の心を読み取り、飼い主様との愛を深める活動をしている。
子供の頃から動物と普通に会話し、大学卒業後は会社員となりその後モンゴルで数か月生活する。
大自然の中での動物と人間との関係性に感銘を受ける。
帰国後、日本の酪農に興味を持ちそのまま2年間乳牛のお世話をする。
感情がある動物なのに経済動物と呼ばれる疑問から動物愛護について学び、世界のどうぶつ達に会いたいと旅にも頻繁に出るようになる。
旅をしながら、犬のシェルターでお散歩のボランティアをしたり動物との繋がりを深めていく。 
その後 導かれるようにスピリチュアルの世界へ
動物が大好きで動物と人間の架け橋になろうと活動を決意する。
2006年には活動を開始。アニマルコミュニケーション、カウンセリング経験は5700人以上にのぼります。 
アニマルコミュニケーション、ヒーリング、気功などの講座は日本国内海外で開催している。
また犬猫だけでなくあらゆる動物に対して尊重する意識を人々に導くことは使命としてる。
日々のライフスタイルは地球環境を尊重したオーガニック、ヴィーガンライフを心掛けている。
ホンマルラジオ沖縄2018年7月 出演:https://youtu.be/n0eQ_f19eHM

認定NPO法人アニマルライツセンター代表理事 岡田千尋:日本の畜産の現状について、私たちとの関わりについて
1978年静岡県生まれ。2001年からアニマルライツセンターで調査、キャンペーン、戦略立案などを担い、2003年からアニマルライツセンターの代表理事を務める。日本全国のアニマルライツの行動ネットワークづくりや、衣類や食品として扱われる動物、動物園や水族館など娯楽に使われる動物を救うための活動を行い、2005年から開始した毛皮反対キャンペーンでは、10年間で日本の毛皮消費量を80%減少させてきた。ヴィーガンでエシカルな情報発信サイト『Hachidory』の運営も行う。アニマルライツセンターウェブサイト:http://www.arcj.org

ヴィーガンカレー会

映画上映後、一緒にヴィーガンカレーを食べませんか?映画の感想などシェアしましょう!楽しく温かい時間となりますように♪

会場: 映画上映と同じ場所
金額: 1100円
席確保のため要予約 (http://thelastpigjapan.cart.fc2.com/)ですが、代金は当日金剛院併設なゆたさんに直接お支払いください。
できればマイ箸、マイスプーンをご持参ください。
飲み物は最初に別料金でご注文いただけます。コーヒーやびわ茶などのメニューがあります。アルコールはありません。

お申込み

お申込みは専用フォームhttp://thelastpigjapan.cart.fc2.com/よりお願いいたします。
【お支払い時期】
お申込み完了日より7日以内(お申込み日が上映会間際の場合は別途ご案内いたします)
ご入金確認後に順次お席を確保致します。
★11月26日までにご入金確認ができた全員に大豆ミートをプレゼントいたします!
高品質大豆ミート Alishan Organic Center からの提供となります。

※お申込み後の返金はございません。
キャンセルの場合は経費を除くすべてをアニマルライツセンターに寄付させていただきます。
ご入金後にキャンセルをご希望の場合は必ずご連絡ください。

主催: Rainbow Animals
協力: 認定NPO法人アニマルライツセンター、金剛院、赤門テラスなゆた、Design moi、Alishan Organic Center、HAL.IRO

Rainbow Animals 楠本倫子さんブログ:https://ameblo.jp/animalangel/entry-12404923835.html
「THE LAST PIG」上映会 Facebook イベントぺージ:https://m.facebook.com/events/268993197047632/?ti=ia

主催者メッセージ

今回この映画の上映会を主催するRainbow Animalsの楠本倫子です。

この映画は自分の生き方を変革させる大きな決断をしたひとりの人間の心の動きが映像に収められています。

今、自分の生き方が少しでも「自分らしくない」と感じる方がいたら
この映画はそれについてより深く考えなにか変化をもたらすきっかけとなってくれるかもしれません。
嫌な仕事だけどお金のため
愛してないパートナー。でも世間体のため
関わりたくない人間関係。でも穏便に過ごすため
お世話したくない家族。でも社会の目が怖い

毎日の生活がどこか何かに少しでも我慢している場合
どこかで疑問に思いながらも生活を変えられない場合
この豚農家さんの心情と共感できると思います。

お金のために
借金のために
子供の教育のために
今の職業を変えられない。という人がほとんどなのではないでしょうか?
たとえ生き物を扱う仕事であっても
そこに動物を殺すという疑問がはっきりとあったとしても
それを辞める、手放すという決断は難しいかもしれません。

その難しい中、
この映画の豚農家さんは豚農家を辞めるという決断をしました。
それは
自分の心を見る
自分の心を知る積み重ねでした。

疑問に沸き続けることにどうしても嘘をつき続けることはできなくなったのです。

もし
あなたが日々の生活の中で
何かに嘘をつき続けているのならば、
それが例え小さい嘘・我慢でもそれをどうしていくのか考えるきっかけに
この映画はなっていくと思います。

是非、
幅広く多くの人々に観に来ていただきたいです!

また主催としてお願いがあります。
幅広い人たちに観に来てもらう上映会にしていきますので
どうか差別的な発言などはお控えいただくようにお願いします。
たとえそこに正義があるとしても、この上映会ではどんな生き方をしていても平等に感じる場としていきたいのです。

人はそれぞれがひとりひとりが学びの旅路がありわたしたちは自由にそれを感じていくことを共有していくしかないと思うのです。

だからこの上映会は
ただ動物が好きな人
なんとなく興味があって観たい人、
ヴィーガンの人、
畜産関係の人、
人生を変化させたい人、
どんな人もお越しください。

自分の正直な気持ちを実践していく強さを感じる映画だと思います!






 
 


gifbanner?sid=3203950&pid=883517291このリンクから飛んで楽天市場でお買い物をすると、ご購入金額の一部が動物保護のための活動に使われます。


gifbanner?sid=3203950&pid=883517291このリンクから飛んで楽天市場でお買い物をすると、ご購入金額の一部が動物保護のための活動に使われます。