おいしい食事で未来を守ろう。ヴィーガン、ベジタリアンという環境にも動物にも健康にもやさしい、未来を守るためのレシピと、食材をHachidory(ハチドリィ)から提案します。

超濃厚!生ブラウニー

2020/04/15

デーツの自然な甘さを使って、美味しく簡単、濃厚な生ブラウニーの作り方を紹介します!

デーツといえば、美容と健康に良いとのことで、特に女性に人気のフルーツ。カリウムや鉄分、ビタミンE、ビタミンB、パントテン酸などの栄養素に加え、食物繊維も多く含むので、便秘解消にも効果があるそうです。
しかし食べたことがある方はもちろんわかると思いますが、私にとってはちょっと甘すぎて、コクがあって美味しいものの、まるで柔らかい黒糖をそのまま食べているような味で、なかなか減りませんでした。

そこで、その甘さとコクを利用して、生ブラウニーを作ってみることにしました。小麦粉やこめ粉なども一切使用せず、オーブン不要で簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。

★ 材料(12個分) ★  
= ブラウニー =
・ 生くるみ 150g
・ 生アーモンド 100g
・ ドライデーツ250g (同量のお湯に10分間浸しておく。甘さ控えめの場合は150gでもOK。その場合は、浸す時に使ったほんのり甘いお湯も使うので、捨てないでください。)
・ 純ココア75g
・ 海塩 小さじ1/4
 
= ガナッシュフロスト (任意) =
・ アーモンドミルク 50ml (豆乳など他の植物性ミルクでもOK)
・ 乳製品不使用のダークチョコレート 100g (甘さ調整で、チョコレート50g : 純ココア50gでもOK。ただしクリーミーさは劣ります。)
・ ココナッツオイル 大さじ2
・ 粉砂糖 25g (甘さ調整する場合は、代わりに純ココアを使用。)
・ 海塩 小さじ1/4
・ 生くるみ 少々 (トッピング用)


★ 作り方 ★
= ブラウニー =
1. くるみ100gとアーモンドを粉々になるまでフードプロセッサーにかける。生なので、結構しっとりした感じになります。

2. カカオパウダーと海塩を加えてよく混ぜ、ボウルに移す。

3. デーツをフードプロセッサーにかける。固形が残る程度でOK。別の容器へ移す。

4. 2にデーツを少しずつ加えながら、フードプロセッサーにかける。しっかりとまとまるまで様子を見ながら、デーツの量を加減してください。このとき、甘さ控え目でデーツの量を減らしている場合は、デーツを浸す時に使ったお湯も少しずつ様子を見ながら加えてください。

5. クッキングシートを敷いた容器に4を入れ、残りのくるみ50gを混ぜて、まんべんなく散らばらせながら生地を平らに敷く。

6. 5を冷蔵庫または冷凍庫で10-15分冷やす。

フロストなしの場合はこれで出来上がり!これだけでも十分濃厚で美味しいです♡

= ガナッシュフロスト =
1. 耐熱ボールにアーモンドミルクを入れて、電子レンジで45秒温める。

2. すぐにチョコレートを入れて、しっかりと溶けるまでよくかき混ぜる。(甘さ調整の際の純ココアもここで加える。粉砂糖の代わりのココアは手順4で加える。)

3. 塩を入れて木べらでよくかき混ぜたあと、溶かしたココナッツオイルを入れて泡立て器でよく混ぜる。冷蔵庫で10分寝かせる。

4. 冷蔵庫から取り出し、少しずつ粉砂糖を加えながら混ぜながらとろみをつける。軽くふんわりするまで混ぜる。甘さ控えめの場合は純ココアを加えていく。(とろみは劣ります。写真のブラウニーのフロストは甘さ控えめバージョンで、粉砂糖とチョコレートの一部を純ココアで代用しているため、しっとり感が少なめです。)

5. 冷やしておいたブラウニーにまんべんなく塗り、トッピング用のくるみをふりかけて完成。

密閉容器に入れて室温で3-4日、冷凍の場合は1ヶ月保存可能です。

レシピ: みさき



 
 


このリンクから飛んで楽天市場でお買い物をすると、ご購入金額の一部が動物保護のための活動に使われます。


このリンクから飛んで楽天市場でお買い物をすると、ご購入金額の一部が動物保護のための活動に使われます。

VegSpaceサイトのページの最上部へ戻る