おいしい食事で未来を守ろう。ヴィーガン、ベジタリアンという環境にも動物にも健康にもやさしい、未来を守るためのレシピと、食材をHachidory(ハチドリィ)から提案します。

甘辛の脂身がジューシー「ヴィーガンのロースカツ丼」

2018/04/01

700_ext_01_0_L.jpg

今回のポイントは、豚のロース肉の脂身を再現できるように大豆ミートと車麩を組み合わせ、平べったい形でも崩れずに揚げられるようにオーブンペーパーを使用しました。もちろん、丼にしないでカツレツだけ食べても、OKです。

 

材料 2人分

カツレツ

  • 大豆ミートブロック 10個 約40g
  • 車麩 2枚
  • 強力粉 大さじ4杯
  • パン粉 40g
  • 生姜 5g
  • 醤油 40ml
  • みりん 40ml
  • 昆布 10cm
  • 干し椎茸 10g
  • 揚げ油 適量
  • オーブンペーパー30cm

カツ煮

  • 昆布だし 100ml
  • 椎茸だし 100ml
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • タマネギ 1/2個
  • 長芋100g
  • 絹ごし豆腐 100g
  • 餅米粉 10g
  • 塩 ひとつまみ
  • ターメリック 小さじ1
  • 三つ葉

ご飯

 

作り方

1 昆布を250ml干し椎茸を250mlの水につけ、8時間冷蔵庫で寝かせる。大豆ミートの下煮とカツ煮の両方で使用する。

2 鍋に大豆ミートと浸るくらいの水を入れ下ゆでする。沸騰したら火を止め冷めるまで待つ。

3 車麩を水につける。

4 大豆ミートが冷めた所でザルにあげ、2~3回水にさらし、臭みを抜くように絞る。

5 車麩が柔らかくなったら、1カ所切り込みを入れリボン状にする。

6 鍋に大豆ミート、車麩、生姜のすりおろし、昆布、昆布の戻し汁150ml干し椎茸、干し椎茸の戻し汁150ml、醤油40ml、みりん40ml、材料がかぶるくらいの水を入れ、落とし蓋をして煮込む。煮汁が1/3位になったら火を止める。冷めたら強力粉を入れ、材料が崩れないように混ぜる。強力粉は接着剤の役目をするので、煮汁の量で強力粉を加減する。

7 オーブンペーパーを15cmの正方形4枚用意する。

8 オーブンペーパーの上に車麩をアーチ状に乗せ、その下に大豆ミート5個隙間がないように敷き詰める。ロース肉のように形を整える、それを2枚作る。

9 パン粉をまんべんなく振りかけ、上にオーブンペーパーを乗せて押さえ、ひっくり返し上面のオーブンペーパーを剥がし、もう片面にパン粉をまぶす。側面にもパン粉をまぶす。

10 底にオーブンペーパーがついた状態で180度の油で両面、キツネ色になるまで揚げる。

11 揚がったら、オーブンペーパーを剥がす。カツレツの出来上がり。

12 底の浅い小鍋に昆布だし100ml椎茸だし100m入れ煮立て、醤油、みりんを入れ、薄い櫛形に切ったタマネギを煮る。

13 ボウルにすりおろした長芋、絹ごし豆腐、塩、ターメリック、餅米粉を入れよく混ぜる。

14 カツを1口に切り、鍋に入れサッと煮て、13を入れ蓋をして3分、仕上げに三つ葉を入れて煮る。

15 丼にご飯を盛り、14を盛り付ける。アツアツを召し上がれ。



マクロビオティック師範 フィットネスインストラクター 小池美穂子

 


gifbanner?sid=3203950&pid=883517291このリンクから飛んで楽天市場でお買い物をすると、ご購入金額の一部が動物保護のための活動に使われます。


gifbanner?sid=3203950&pid=883517291このリンクから飛んで楽天市場でお買い物をすると、ご購入金額の一部が動物保護のための活動に使われます。

VegSpaceサイトのページの最上部へ戻る