エシカルなコスメ、ヴィーガンなシャンプー等、自分磨きのためのヘアサロンやコスメ、ヒーリング、マッサージサロン、ネイルサロン、そしてヴィーガンに関連する健康についての情報などをご紹介します。

アニマルフレンドリーなコスメのセレクトショップ「Daisy Field」

2016/06/20

アニマルフレンドリーなコスメのみを取り扱うショップ「Daisy Field」をご紹介します。

Daisy Fieldは"Animal friendly"、"Ecological beauty"をテーマに動物実験を行っていない、動物性原料不使用の製品のみを取り扱うセレクトショップ。 オーガニックな製法で環境にも配慮した製品など、さまざまな観点からエシカルなコスメを取り揃えています。
動物問題にも積極的に取り組み、ブログで様々な情報を発信。売上の一部は動物愛護団体に寄付しています。また、単に動物に優しいだけでなく、科学物質不使用なコスメなど、使う人にも優しい安全で刺激の少ない製品を紹介。

自身でもヴィーガンでおられる店主の金井氏にセレクトのこだわりやショップ立ち上げの経緯、動物問題への取り組みについてお聞きしました。

──セレクトのこだわりを教えて下さい。

安全な原料を使用していること、処方がシンプルであること、刺激の強い成分が含まれておらず敏感肌の方でも使えるものであることを 重視しています。オーガニックコスメというとドイツなどヨーロッパのイメージが強いですが、良質なコスメを作っている メーカーは国内にもたくさんあります。環境や動物にも優しいコスメを作るという理念を持って製品づくりをしているメーカーを 積極的に紹介していきたいと思っています。

──ヴィーガン向けコスメのセレクトショップを始めようと思ったきっかけを教えてください。

化粧品メーカーには、「この製品は動物実験をしていますか?」という問合せがたくさん寄せられるそうです。 消費者の意識が向上し、動物実験をしていないコスメを求める方が急速に増えているのに対し、 メーカーや小売りの側がそのニーズに十分対応できていないと感じました。それなら自分で作ってみようと。 動物実験をしていないコスメの専門店は世界的にもめずらしいと思います。コスメ業界も小売りも未経験だったので、 まったくのゼロからのスタートでした。

──動物問題の解決に積極的に取り組んでおられますが、ショップとして動物問題に関わる理由を教えて下さい。

クルエルティフリーを社会に根づかせるには、「このブランドは動物実験をしているから買ったらだめ!」ではなく、 「動物に優しい製品を作っているこのブランドを応援しよう」という姿勢が必要だと思っています。 また、動物愛護などというと普通の方はどうしても身構えてしまいますが、化粧品という身近なプロダクトを通すことで 心理的なハードルを下げることができます。コスメをきっかけに、動物の福祉や愛護などにも関心を持ってくださる方が増えることを願っています。

──今後、動物実験をしないメーカーは増えると思いますか?

EUで動物実験をおこなった化粧品の販売が禁止されるなど、化粧品の動物実験廃止は世界的な流れと言えると思います。 しかし何より大事なのは消費者自身の意識です。化粧品や日用品はとかく効用やコストパフォーマンスにばかり目がいきがちです。 ふだん自分が何気なく使っているコスメがどのように作られているか、使用することで環境に負荷を与えていないか、 いちど考えてみることが大事だと思います。

今回のインタビューを通して、Daisy Fieldのこだわりや化粧品メーカーの今後、そして金井氏自身の動物への想いが伝わってきました。 ふだんの生活の中でどの企業からどのように作られた製品を買うかはとても大切。 それは私たちの意思表示であり、動物実験を支持しないという、企業へのメッセージ。 今後もエシカルなポリシーを持つ企業を応援していきたいと思います。

Daisy Field

http://daisy-field.jp/

※一部の化粧品でシルク、ハチミツが使われています。お買い物の際には商品ページに記載されている成分をご確認下さい。

 


このリンクから飛んで楽天市場でお買い物をすると、ご購入金額の一部が動物保護のための活動に使われます。


このリンクから飛んで楽天市場でお買い物をすると、ご購入金額の一部が動物保護のための活動に使われます。

VegSpaceサイトのページの最上部へ戻る