エシカルなコスメ、ヴィーガンなシャンプー等、自分磨きのためのヘアサロンやコスメ、ヒーリング、マッサージサロン、ネイルサロン、そしてヴィーガンに関連する健康についての情報などをご紹介します。

焼き肉は腎がんのリスクを高める

2015/12/12

386_ext_01_0_L.jpg

テキサス大学の新しい研究によると、バーベキュー肉や焼肉を食べると腎細胞がん(RCC)になりやすくなるという。肉を炎で焼いたり、またはフライパンで調理したとき、複素環式アミンという発ガン物質であるPHIPとMeIQxが生成されるためだ。
腎臓は体内の有害な物質をフィルタリングする器官であり発がん性物質の影響を受け易いという。

この研究で、659人の腎臓がん患者と、699人の健康な人の遺伝子情報と食事パターンを収集し、比較した。
その結果、腎がん患者は、健常者と比較すると、赤身白身問わず多くの肉を食べていた。そして、大量のMeIQxが腎がんのリスクを2倍にすると同時に、高レベルのPhIPが54パーセント腎臓ガンのリスクを増加させたことを、彼らは発見した。
さらに特定の遺伝子変異を持つ人々は、高温で調理されたものの有害な化合物の影響を受けやすいということも発見した。

腎がんは、日本では約15,000人の患者おり、毎年の死亡者数は4000人を超えており、この数は増加の一途をたどっている。
その増加の主要な原因は食生活の欧米化と言われるが、食生活の欧米化というのは、畜産物の消費の増加とほぼイコールである。

201512122122_1.jpg

※出典:University of Texas M. D. Anderson Cancer Center

 
 


gifbanner?sid=3203950&pid=883517291このリンクから飛んで楽天市場でお買い物をすると、ご購入金額の一部が動物保護のための活動に使われます。


gifbanner?sid=3203950&pid=883517291このリンクから飛んで楽天市場でお買い物をすると、ご購入金額の一部が動物保護のための活動に使われます。

VegSpaceサイトのページの最上部へ戻る